田口翔(4630万円名前特定)顔画像・Facebook・SNSを特定!変換拒否はなぜ?

スポンサーリンク
ニュース

 

山口県阿武町が、新型コロナウイルス対策関連の給付金を誤って1世帯に4630万円を振り込んだ問題が連日話題となっています。

まだ返金されてないのですが、ついに自治体から経緯と住所、氏名を公表されました。

 

今回こちらの記事では、時系列や田口翔さんの情報についてまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

山口県阿武町が誤って田口翔に4630万円を振り込む

山口県阿武町が、新型コロナウイルス対策関連の給付金を誤って1世帯に4630万円を振り込んだ問題で、町は12日、返還を拒んでいる世帯主の20歳代男性を相手取り、全額の返還を求める訴訟を山口地裁萩支部に起こした。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/83a1af592ed58af898f545db7e2f86d6abedcef0

この騒動が発覚した際は実名は報道されなかったのですが、ついに自治体から公表されました。

 

スポンサーリンク

田口翔(4630万円名前特定)のFacebook・SNSも調査!

・名前:田口翔
・住所:山口県阿武町大字福田下3437

 

田口翔さんのFacebookやSNSアカウントも合わせて調査したのですが、本人らしいアカウントを特定することはできませんでした。

このツイートによれば田口翔さんは阿武町から月15万円支給されていたみたいです。現在阿武町のホームページにアクセスが集中して詳しい情報を調べることができなかったんですが、こちらに関して新たな情報が入り次第追記していきます。

 

山口県阿武町が誤って田口翔に4630万円を誤振込み|時系列まとめ

・4月8日(金):463世帯の給付金を間違って田口翔に4630万円誤振込み

・4月8日(金)午前:田口翔に連絡・自宅に訪問して返還の手続き(本人も同意する)その後に本人と会計管理者が役場公用車で銀行支店まで移動するも駐車場で『やはり今日は手続きはしない・後日、公文書を郵送してくれ』とのことで手続きを拒否。そのまま銀行支店窓口の営業が終了。

・4月8日(金)夕方:公文書を速達で郵送

・4月9日(土):田口翔と連絡が取れなくなる

・4月10日(日)田口翔より『知人の弁護士と相談する』との電話連絡

・4月11~12日:再び本人と連絡が取れなくなる

・4月13日(水):田口翔の母親の連絡先がわかり連絡するも『弁護士と話す』との一点張りで話しができない

・4月15日(金):田口翔の弁護士から『近日中に母親立ち合いのもと本人が組み戻し手続きを行うので日時が決まったら知らせる』との連絡

・4月15日(金)夕方:公的誤送金についての記者会見

・4月16~20日:田口翔(弁護士)からの連絡を待つ

・4月21日(木):音沙汰がないから電話するも連絡が取れないから自宅訪問。たばこを吸ってる田口翔と鉢合わせるも『お金はすでに動かした。もう戻せない。犯罪になることはわかたてる。罪は償う。』との発言。

・5月9日(月):民事訴訟を行う方針が決定

 

田口翔(4630万円名前特定)の法定刑は?

『不当利得返還等請求事件』として阿武町から訴訟されています。

今後の動向次第では、田口翔さんの取引先銀行やお金の移動先なども含めた民事訴訟も起こりうるとのことです。

 

まとめ

今回は田口翔さんに関する情報について現段階でわかってる情報をまとめてきました。また新たな情報が入り次第追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました