滝川第二高校野球部監督の名前は誰?西詰嘉明の顔画像・暴言まとめ

スポンサーリンク
スポーツ

 

甲子園常連校の滝川第二高校の野球部監督が部員に対して暴言を吐いたなどとして、兵庫県高校野球連盟が調査していることが報道されました。

このニュースにネット上では、

『この監督の名前誰なん?こんだけの事やってるなら、ニュースに載せていいじゃん…』

『いま何時代だと思ってるの?そんなことしたら強くなるとか本気で思ってんのかな…』

などといった声が挙がっていました。

そこで今回は甲子園常連校の滝川第二高校の野球部監督の情報についてまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

滝川第二高校の野球部監督(52歳)が部員に暴言

高校野球の強豪、滝川第二高校(神戸市西区)の監督(52)が部員に対して暴言を吐いたなどとして、兵庫県高校野球連盟(高野連)が調査していることが1日、分かった。今後、上部団体に報告し、処分も検討される見込み。

同校によると、監督は今年4~5月、感染症に感染した部員を指して「○○菌」と呼んだり、選手に「●すぞ」と発言したりしたという。このほか、複数の顧問教員らが、生徒の前で監督から叱責されるなどのハラスメントを受けたと申告したという。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/286b7b604f6adde029824359027fa3bb427dd7c9

いくら甲子園常連の強豪校だからといって、このような指導が本当に行われていたのであれば言語道断です。高野連にはしっかり調査、そしてしかるべき対応をしていただきたいですね。

 

スポンサーリンク

滝川第二高校の野球部監督(52歳)の名前は誰?西詰嘉明で特定?

ニュース記事には、

・滝川第二高校の野球部監督(52歳)

だけしか記載されていませんでした。

調査を進めると、滝川第二高校の野球部監督は西詰嘉明さんであることがわかりました。

西詰 嘉明さんは1969年11月7日生まれで、現在52歳ですのでほぼ確定でしょう。

滝川第二高校は西詰さんの母校でもあります。高校時代は投手として滝川第二高等学校の初の甲子園出場を果たした経験もあります。高校卒業後は同志社大学に進学して、明治神宮野球大会にも出場して優勝経験もあります。

選手としてのキャリアを終えてからは、セガサミー硬式野球部の監督を経て2021年に母校の滝川第二高校の野球部顧問になられました。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は報道のあった、滝川第二高校の野球部監督(52歳)についての情報をまとめてきました。

現在、高野連で調査中とのことですが報道されてることが真実なのであれば然るべき対応をしてほしいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました