【まとめ】園子温映画の主演(出演)女優一覧!被害女性や今後の監督活動はどうなる?

スポンサーリンク
芸能ニュース

 

今回の報道が波紋を呼んでいる映画監督の園子温さん。

内容は本当なのでしょうか?

どんな内容なのか気になりますよね!

では、早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

園子温映画が出演女優から告発を受ける

週刊女性PRIMEでは、4月4日に『園子温』からセクハラ被害を受けたということを複数の女優が告発しました!

この被害は昔からあったそうで、今でも被害を受けた人は数多くいるみたいです!

主な内容は『自分と関係を持ったら仕事をあげる』というものです。

園子温の作る作品は評価が高いので、映画に出たがる人は昔から多かったみたいですね。

それを理由にして、関係を持つということを今までたくさんやってきたそうです。

 

【女優A】

映画に出演を予定していた女優Aさんは、ある時事務所に呼ばれました。

そこで関係を迫られましたが断りました。

すると別の女優を呼び、女優Aさんの前でそういった行為を始めたそうです。

その場にいた助監督が気を使ってくれて外に連れ出してくれたのですが、その後助監督が女優Aさんをホテルに誘ったそうです・・・。

 

【女優Bさんの場合】

園子温の映画に出演した経験のある女優Bさん。

イベントで園子温と女優Bさんは出会い、連絡先を交換します。

一緒に飲んでいる時も、『自分は女優と関係を持って仕事をしている』 と堂々と話していたそうです。

女優Bさんは売れたいという気持ちから、後日ホテルに誘われて行ってしまったそうです。

そこで関係を持ちましたが、性行為を彼氏に電話しながらしたいという変わった要求をされたそうです。

その時女優Bさんに彼氏はいなかったので、彼氏を作ってほしいと言われたのです。

後日、女優Bさんの事務所にオーディションの案内が届き、仕事をもらうことができたみたいです。

それ以降は予定があわず、断っていたら連絡が来なくなってしまったという話です。

 

【女優Cさんの場合】

ある俳優さんに誘われてランチに行った時の話です。

ランチが終わったあとに、俳優さんの友達の家に誘われて行ったのですがその友達というのが園子温さんでした。

俳優さんの携帯に電話が来たと思ったら、そのまま俳優さんはいなくなってしまったそうで、その間に急接近してきたそうです。

女優Cさんは断ったそうですが、別の部屋につれていかれて無理やりされそうになったというエピソードです。

結局、逃げることに成功したのですがしばらく連絡は途絶えなかったそうです。

 

スポンサーリンク

園子温映画作品と主演・出演女優一覧

園子温さんの主な作品を紹介します!

 

1.『紀子の食卓』

2006年9月23日に公開された日本の映画です。

出演者(女優) 吹石一恵、つぐみ、吉高由里子、宮田早苗

 

2.『愛のむきだし』

2009年に公開された日本の映画です。

出演者(女優) 満島ひかり、安藤サクラ、清水優

 

3.『ちゃんと伝える』

2009年8月22日に公開された日本の映画です!

出演者(女優) 伊藤歩

 

4.『冷たい熱帯魚』

2010年に公開された日本の映画です。

出演者(女優) 黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり

 

5.『恋の罪』

2011年に公開された日本の映画です!

出演者(女優) 水野美紀、神楽坂恵

 

6.『希望の国』

2012年に公開された日本の映画です!

出演者(女優) 大谷直子

 

7.『地獄でなぜ悪い』

https://twitter.com/TAK44MG/status/1308583139527200768

2013年製作の日本の映画です。

出演者(女優) 二階堂ふみ、友近、成海璃子

 

8.『TOKYO TRIBE』

2014年8月30日に公開された日本の映画です!

出演者(女優) 清野菜名、市川由衣、叶美香、中川翔子

 

9.『新宿スワン』

https://twitter.com/Antaeus_ayn/status/1071162543509360640

2015年5月30日に公開された日本の映画です!

出演者(女優) 沢尻エリカ

 

10.『愛なき森で叫べ』

2019年10月11日にNetflixで配信された映画です!

出演者(女優) 日南響子

 

11.『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』

2021年10月8日に日本で公開されたハリウッドデビュー作です!

出演者(女優) ソフィア・ブテラ、中屋柚香、古藤ロレナ、縄田カノン、鈴木聖奈

 

園子温の今後の活動はどうなる?

今回、こういった数々の被害が公になったことで、今後の活動は厳しくなるのではないかと思います。

告発した女優は一部かもしれませんが、これをきっかけに他の被害も出てくるかもしれませんね。

新たに映画を作ったとしても、園子温さんの作品に出演した女優は枕営業したのでは?と言われかねないしイメージが悪くなる可能性もあります。

女優のイメージを守るためにも、事務所の承諾が得られないのではないかと思います。

報道内容についての詳しい回答は現在ないものの、他の関係者からもセクハラは事実だというコメントが多数あるそうです。

この報道が事実ならば、映画監督として活動していくのは厳しいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の内容をまとめていきます!

・2022年4月に複数の女優さんから告発を受ける
・主な作品は『紀子の食卓』『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『地獄でなぜ悪い』
・吹石一恵、つぐみ、吉高由里子、宮田早苗
・女優が出演していた作品は15作品
・今後の活動は厳しいと予想

となりました。

このようなことが、今まで当たり前のように行われていたと思うと心が痛みますね。

告発した女優さんの他にも、被害にあっている方がいるかもしれません。

事実を早急に確認して、このようなことがないようにしてほしいですよね!

では、最後までご覧いただきありがとうございました!



 



コメント

タイトルとURLをコピーしました