【森昌文】wiki経歴プロフィール|大仁田厚との関係が激ヤバだった!

スポンサーリンク
著名人

 

2007年に大仁田厚さん主催の乱●パーティーに参加していたことが発覚した森昌文さん。

 

 

今回は、森昌文さんの情報についてまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

大仁田厚との関係が激ヤバ!?森昌文もパーティーに参加していたことが発覚

第2次岸田改造内閣で、「内閣総理大臣補佐官」(首相補佐官)に続投が決まった森昌文氏(63)が、国交省官僚時代に乱倫パーティに参加していたことがわかった。8月19日発売の『週刊ポスト』が報じる。パーティは当時参議院議員だった大仁田厚氏の主催で、大仁田氏の自宅だった高級マンションで行われた。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/22700376/

まさか15年ほど前のパーティーが掘り起こされるとは思っていなかったでしょうね。第2次岸田改造内閣で、内閣総理大臣補佐官の続投が決まったことでパーティーに参加していた女性の誰かからのタレコミがあったのでしょうか。

こんなにも過去のことを叩かれてしまうのは、芸能界や政界を目指す人がどんどん減っていきそうな気がしてしまいます…。

 

スポンサーリンク

森昌文のwiki経歴プロフィール

・名前:森 昌文(もり まさふみ)
・年齢:63歳
・生年月日:1959年1月3日
・出身地:奈良県
・出身高校:東大寺学園高等学校
・出身大学:東京大学工学部土木工学科
・職業:日本の建設・国土交通官僚、内閣総理大臣補佐官(首相補佐官)
森 昌文さんは現役で東京大学工学部土木工学科に入学されて卒業されています。そして卒業後に建設省に入省します。
 
その後のキャリアを素晴らしい出世街道を歩み、アメリカ運輸省道路庁への出向、建設省土木研究所ITS研究室長、国土交通省九州地方整備局福岡国道工事事務所長などを歴任して内閣総理大臣補佐官まで上り詰めました。
 
(今回の報道で何らかの処分があるかもしれませんが…)
 
建設省土木研究所ITS研究室長にはETCの導入や全国普及などにも躍進されていたみたいです。そしてその深い知識を活かして深夜の人気番組である『タモリ俱楽部』の『全国一般国道ランキング』という企画に出演した経歴もあります。
 

 

スポンサーリンク

森昌文はタモリ俱楽部に出演歴があるほどの道路マニア

森さんは工学博士も持ってるほどの博識な方です。

博士論文は、距離ごとにどの交通機関の分担が卓越しているのか、という研究テーマだったみたいです。道路だけではなく『交通関係』全般がお好きなんでしょうね。

上述していますが、森さんが『タモリ俱楽部』に出演した回は『全国一般国道ランキング』。この企画に『道路マニア』として出演されたみたいですが、ドライブが大好きで1日で300キロくらいは平気で運転できるみたいです。

 

スポンサーリンク
 



著名人
スポンサーリンク
まるやまライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました