アントニオ猪木の死因理由はなぜ?遺産状況・晩年の顔画像が衝撃的過ぎた

スポンサーリンク
芸能ニュース

 

アントニオ猪木さんが79歳という若さで亡くなりました。

ここ数年は闘病中とのことだったのですが、ネット上ではアントニオ猪木さんの訃報を聞いて悲しむ声で溢れかえっています。

こちらの記事では、アントニオ猪木さんが亡くなった原因(死因)や遺産状況、著名人の追悼、闘病生活中のことなどまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

アントニオ猪木が死去

元プロレスラーで、参議院議員を2期務めたアントニオ猪木(アントニオいのき、本名・猪木寛至=いのき・かんじ)さんが1日、自宅で死去した。79歳だった。横浜市出身。難病「全身性アミロイドーシス」で闘病中だった。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/22948751/

わたしの世代的にはバリバリ現役のプロレスラーという認識はないですが、ジャイアント馬場さんと並んで『伝説のプロレスラー』という認識で子供のころ見ていました。

当時アントニオ猪木さんのモノマネをする人はいっぱいいましたし、国民で知らない人は1人もいないくらい全世代に愛されるキャラクターの持ち主だったことを記憶しています。

ご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

アントニオ猪木死因理由はなぜ?全身性アミロイドーシスはどんな病気?

ニュース記事によると、アントニオ猪木さんの死因は『全身性アミロイドーシス』という難病とのこと。

 

・概要
全身性アミロイドーシス(amyloidosis)は、線維構造をもつ蛋白質であるアミロイドが、全身臓器に沈着することによって機能障害を引き起こす一連の疾患群である。

アミロイドは、病理学的にアルカリコンゴ赤染色で橙赤色に染まり、偏光顕微鏡下で緑色の複屈折を示すものである。蛋白質が立体構造(コンフォメーション)を変化させてアミロイドとして凝集し疾患を引き起こすことから、コンフォメーション病の1つとして捉えられている。

・原因
これまでに31種類のアミロイドーシスが報告されており、それぞれにおけるアミロイドの形成、沈着機序に違いがあるものの、全てに共通すると考えられているアミロイド線維形成機序は、まずアミロイド原因(前駆体)蛋白質が産生され、次にそれがプロセッシングを受け、重合、凝集してアミロイド線維となるというものである。

・症状
アミロイドーシスの症状は、アミロイドの沈着による臓器・組織の障害に基づくもので、病型ごとに異なる臨床症状を示す。全身性アミロイドーシスで特に注目すべき症状は全身衰弱、貧血、心アミロイド沈着による心症状、消化器障害、腎症状(ネフローゼなど)、手足のしびれなどである。

認知症の原因の過半数は脳にアミロイド沈着(老人斑)を起こすアルツハイマー病であること、また、高齢者では脳血管壁へのアミロイド沈着(アミロイドアンギオパチー)により、脳葉型の脳出血や皮質、皮質下に微小出血を引き起こすことも知っておくべき重要な知識である。

引用:https://www.nanbyou.or.jp/

難病指定の病気で、国内では2000人ほど発症している病です。

効果的な治療法はまだ未確立で、長期の療養が必要みたいですね。

数年前から入退院を繰り返していたみたいですが、2022年10月1日の朝に天国へと旅立たれました。

 

スポンサーリンク

アントニオ猪木の死去を惜しむ声

プロレス業界、芸能界、政界などでアントニオ猪木さんへの追悼のツイートが溢れかえっていますので一部ご紹介いたします。

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

アントニオ猪木の遺産状況・晩年の顔画像

 

アントニオ猪木さんは自身のYouTubeで闘病生活について赤裸々に語られています。

猪木さんほどの心身ともに強靭な方でも病におかされてしまって、心が折れそうになることもあるんですね。本当に長くて辛い闘病生活だったと思います。

天国でゆっくり休んでください。

そして、気になるのが猪木さんの遺産状況。猪木さんはプロレスラー現役時代の数十年で莫大の収入を得ていたかと思います。

その後はいろんなイベントを立ち上げたり、実業家、政治家として多岐にわたっていたのでコンスタントに活動されていたので、年間数千万~数億円の収益はあったことでしょう。

そう考えると遺産はほぼ確実に億超えといって間違いないかと思います。

 

スポンサーリンク
 



コメント

タイトルとURLをコピーしました