【まとめ】片平昌延wiki経歴プロフィール|激ヤバエピソード紹介

スポンサーリンク
ニュース

 

2022年10月3日、NHK党の片岡まさしさん(八王子市議会議員候補予定者)が”家の中に入ろうとしつこく言って本当に恐怖”とツイートしたことが話題となっています。

片岡氏のTwitterには動画もあげられ、どうやら不動産営業との間でトラブルになったようです。片岡氏は、既に警察へ被害届を出しているとのこと。

株式会社イノベートの片平昌延(かたひらまさのぶ)さんだと特定されているようですが、真相はどういったところなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

片平昌延が片岡まさしの自宅に飛び込み営業

株式会社イノベート片平昌延さん(不動産営業)が、片岡さんと口論となり問題となっている動画がこちらです↓↓

 

フルのやりとりが見たい方はコチラ↓

 

事の発端は、10月2日夜、NHK党の片平氏の自宅に不動産営業の片岡昌延さんが訪問したことがきっかけ。あまりのしつこい営業に対し、警察沙汰のトラブルに発展!

片平さんは、冒頭で「肖像権の侵害になってしまいます、犯罪行為ですよ。」と丁寧に笑顔で対応される姿も見受けられます。ここまで見ると、訪問した片平さんも勝手に動画を撮られて被害者なのでは?と思いますよね。

いきなり撮るのが悪いという批判コメントもあったようですが、片岡さんはTwitterにて「ずっと帰らず同じことを繰り返し言って、帰らないから証拠の為動画を回した」とおっしゃっています。

 

そのあと、片平氏はいきなりスマホを取り上げ、片岡氏に暴言や脅しのような言葉を浴びせているように聞こえます。

現在話題になっている「お好きにどうぞ~」という発言は、Youtube動画の7分頃に視聴することができます。

「動画を消してほしい。」という話から、最終的には感情的な暴言に発展していることから、片平さんが恐怖を感じるのも無理ないかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

片平昌延wiki経歴プロフィール

「お好きにどうぞ~」で話題の片平昌延さんについて、一体何者なのか調べてみました。

今回、動画を撮った張本人でもあるNHK党片岡さんのTwitter情報です↓

 

・2021年に宅建士の資格に合格している
・株式会社イノベート代表取締役を務めている

 

現在判明しているのは、ここまでの情報でした。Youtubeの動画はすでに非公開にされているようで、見られません。

不動産の飛び込み営業をしていたそうで、今回のやりとりも慣れていますよね。片岡さんは、今回の事件をテレ朝にも情報提供をされているということでした。

メディアで報道されれば、片平さんの詳しい経歴も今後分かってくるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

片平昌延の激やばエピソード

NHK党の片岡さんは、「示談に応じたらダメです。」というフォロワーに対し「徹底的にやろうと思います。」とツイートしていました。

 

そして片岡さんは、10月9日現在、今回の件で首を痛めて動かなくなってしまったようです。

片平昌延さんが勤める、株式会社イノベートの企業ホームページのトップには、以下のように「お客様各位 弊社社員による暴行等の検挙のお詫び」として文書が記載されていました。

現在、片平さんは警察の事情徴収でご自身の非を認めているようです。会社から懲戒解雇を言い渡されたときにも、「弁明の余地はない」と承諾されたとのこと。

株式会社INNOVATE 不動産会社 | トップページ
お客様の思い描く未来を、共に考え成長していく不動産会社、株式会社INNOVATEです。

 

実質片平さんは、株式会社イノベートをクビとなってしまったようですね。

株式会社イノベートは、2020年に設立され、東京都千代田区にある不動産売買事業などを取り扱う企業のようです。民泊事業や保険コンサルティング事業もされているということで手広く展開されていますね。

お客様あっての事業ですから、会社の看板を背負っているという自覚をもって真摯に対応していきたいところですよね。

ちなみに、片平さんが以前働いていた株式会社リグラスについても、「注意喚起」という名目で片岡さんがツイートされています。

 

口コミを見ると、2年前から「怪しい営業マン」と言われていますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?今回の記事は、

・NHK党の片平さんがしつこい不動産営業に合ってしまい、トラブルになったことで動画が拡散
・怪しいと噂されてしまった不動産営業「片平昌延さん」の経歴、エピソード

についてご紹介しました!

訪問者に対して「少しでも怪しいな。」と感じたら、インターホン越しで対応した方が身のためですね。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました